×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通関士の就職情報

通関士という職業を聞いたことがあるでしょうか。通関士になるために、そして通関士として転職するためには、どのような準備が必要なのでしょうか。まずは通関士ついて学びましょう。

通関士とは、まず物品の輸出入に関わる国家資格です。これは日本と世界中との間の国際物流を支えるとても大事な仕事で、財務省が管轄しています。世界中から日本へ、そして日本から世界の国々へ、実に膨大な量の品物が輸出入されています。

通関士は、海で運ばれてくる海上貨物、飛行機で運ばれてくる航空貨物を、「誰が」「どこから」「何を」「どれくらい」輸出入するのかを、税関に報告して許可をもらう「通関手続き」をする仕事です。通関士は麻薬や拳銃などが日本国内に物流することを防止するために、輸出入申告が正しく行われているかどうか審査しなければなりません。また、関税や消費税などを正しく徴収しなければなりません。

通関書類を審査し、その書類に押印するためには、通関士の資格を持っている人が必要なのです。通関士以外は貨物の輸出入申告をすることは出来ないのです。ということはあらゆる物品の知識が必要なのが、この通関士という仕事だといえるでしょう。さらに迅速な対応と商品分別の能力が必要な職業でしょう。

気になるキーワードを入力して下さい。


書店では購入できない情報商材


旅のサポート

スポンサードリンク

仕事内容

通関士は、どういう職場で仕事をするのでしょうか。通関士の主な仕事場は「通関業者」という会社になります。

就職先・転職先には、運送会社や倉庫会社、商社、貿易会社、金融機関、さらには一般企業でも輸入品を扱っている百貨店やスーパーなどがあります。通関士は幅広い分野での活躍をすることができるというのが特徴であるといえます。働く会社は通関士専門業務の会社ではなく、通関業と兼業をしているような会社が大多数ということになります。

通関業務を行うには、必ず一人の通関士を置かなければならないという決まりがあります。物品を輸出入している業者は、通関書類の審査、作成、押印などをすることを欠かすことができません。ですから、通関士が必要なのです。通関手続きや通関書類の作成の他に、関税計算書類の審査や不服の申し立て、主張・陳述の代行などが通関士としての主な仕事です。情報化が進み、今では専用端末を使い、税関との書類をやり取りしています。また今は通関の時間が短く、迅速な対応をしなければなりません。それは航空貨物が増加しているからです。日本の物流を大きく担うのが通関士の仕事です。とても責任重大だといえます。

通関士になろうと思っても、中途半端な気持ちでの取り組みは失敗のもとです。通関士は私たちの生活に関わるたくさんの種類の物品を扱い、毎日の生活にも実は大きな影響をあたえる存在なのです。そして通関士がいなければ国際物流は成り立たないのです。

一般的な仕事探しのポイント

職を選び、応募して、書類選考され、面接をし、たとえ受かったとしても、最終的に決めるのは自分です。職探しの段階からすべて自分で決めていきましょう。コネでもらった仕事は断りにくいかもしれません。家族や友人への義理も大事ですが、自分の意志を第一に考えて断るべきものは断りましょう。定年までは、起きている時間の半分以上を仕事をして過ごすわけですから、間違いのない選択が大事です。臆病になりすぎ、全てを警戒するのもよくはありません。けれども、会社の人間関係や仕事の内容が自分に合っているものか、長く続けていけるところか、生活スタイルはどうなるかなどを注意深く考える必要があります。

勤め始めてから何かが違うと感じると、長続きしませんよね。また最初から職探ししなくてはなりません。仕事に何を求めるのか、何を優先して仕事に臨むのかを意識して仕事を探すことが肝要です。色々な仕事があり、色々な条件がありますが、一番優先したいのは場所か給与か時間か内容かなど、優先順位に基づいて希望を絞っていくのも方法です。そして、自分で下した決断はあくまで自分のもの。予想と違う職場でも後悔のないよう、探す段階でのしっかり吟味しましょう。また頑張ろうという気持ち、もう一度トライしてみようという前向きな気持ちで、職探しの再出発が出来るのです。一人だけで考えていると思考が煮詰まって何をしたいかわからなくなることもありますが、まわりの協力を得ながら頑張っていい職場を見つけたいものです。

スポンサードリンク

Copyright © 2008 通関士の試験を合格して就職する方法